歯列矯正

歯並びは、からだの成長に影響します

現在、こどもたちの2人に1人はなんらかの矯正が必要です。歯並びは「見た目がまっすぐになっていれば良い」というものではありません。
からだ全体のバランスに影響するので、成長期のお子さんの歯並びは常にチェックしてほしいです。乳歯が生え揃ったとき、永久歯に生え変わったとき、どんなタイミングでも構いませんので、いちどご相談ください。

 

お子さんの場合には、歯とあごの成長段階によって、ひとりひとりとるべき方法が変わってきます。
将来のことを考えて、その子だけの最適な方法を検討する必要があります。
どこを重点にどれくらいの期間をかけてどんな方法で治していくか、しっかりとお話し合いした上で診療方針を決めていきましょう。

気になることがあれば、治療途中でもどんどんお訊ねください。歯列矯正をはじめるのは、早ければ早いほど効果が高いです。かかる期間も短く、費用も低くおさえることができます。

ワイヤーを使わない矯正治療

従来のワイヤーを使った矯正は、口内を怪我したり、口内炎ができやすかったりと苦痛を伴うものでした。
歯磨きが難しくなり、虫歯になりやすいというデメリットもあります。まれに、辛い思いをしてせっかく矯正をしたのに「後戻り」で元に戻ってしまうケースもないわけではありません。

マリンみなと歯科では、インビザラインをつかった矯正を勧めています。歯を優しく包み込むマウスピースを20~22時間装着するもので、透明で目立ちません。食事や歯磨きのときは取り外しができるので、衛生的です。

 

乳歯から永久歯に生え変わる時期から使用できる、インビザラインティーンという子供用のインビザラインがあります。
年齢やお口の状況によって適応できるかどうか個人差があります。

大人の歯列矯正

大人の方でも諦めてしまうことはありません。口元が気になって笑顔に自信が持てなかったり、あごの調子がよくない方はご相談ください。

 

かみ合わせが悪くて頭痛の原因になっていることもあるのです。インビザラインは本来、永久歯が生え揃った大人のために開発されたものです。
装着感は結婚指輪をつけているようなもので、すぐに慣れます。

WEB予約