快適な入れ歯

お口の中の状態はだんだん変わります。
ぴったりだった入れ歯も、残った歯が傾いたり、歯ぐきが痩せたりすると痛みや違和感がでてくるものです。
食べる楽しみが半減するので、食欲もなくなってしまいます。

 

マリンみなと歯科は、患者さまひとりひとりが楽しく快適に暮らせるよう、様々な角度から解決策をご提案します。
お手持ちの入れ歯をメンテナンスすることで悩みが解消できるかもしれません。患者さまのご希望を第一に考えます。

表情が豊かになるノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

保険診療で作ることができる部分入れ歯は、残っている歯に金属製の金具を引っ掛けるタイプです。

この部分入れ歯を使っている方の一番の悩みは、見た目がよくなく、唇をひらいたときに金属が露出してしまうことです。歯ぐきとの段差も目立つため、一目で入れ歯だとわかってしまいます。重さがあるのもデメリットです。お顔やあごの筋肉が慢性的に疲れて、表情が乏しくなってしまっては、楽しく生活できません。

 

マリンみなと歯科では、薄くて軽く、弾力がある樹脂製のノンクラスプデンチャーをおすすめしています。

硬い金属と違ってお口の粘膜に優しいので異物感がありません。

あまりの快適さに「つけているのを忘れてしまうほど」という嬉しい声もいただいています。金属アレルギーの方にも安心な素材です。

噛む喜びがよみがえるコンフォート入れ歯

コンフォート入れ歯は、入れ歯の裏側に生体用のシリコンを貼り付けてクッションにします。

吸着力が高くて柔らかく、歯ぐきにかかる圧力が減るので「粘膜に当たって固い」「小さな粒が挟まって痛い」「歯ごたえのあるものを噛めない」という、入れ歯の不快感が一掃され、食べるものを選ばなくてすむようになるのです。

おせんべいやお漬物のような固いものから、イカのような弾力のあるものまでしっかり噛めるようになります。そのため、入れ歯本体の強度を増す必要がありますが、満足度はとても高いです。

 

コンフォート入れ歯は、部分入れ歯、総入れ歯両方に適用できます。

 

WEB予約